記事一覧

雅山 谷亮子の柔道48kgオリンピック代表選出に異議

4月10日 09時36分

  武蔵川部屋の雅山(30)が、北京オリンピック女子柔道48kg級代表となった谷亮子(32)の選出に異議を唱えた。あくまでも「選出方法」についてであり、谷に対しての異議というわけではない。


 4月5、6日に代表最終選考会となる全日本選抜体重別選手権が行われたが、ここで谷は決勝で山岸絵美に決勝戦で敗北。だが、これまでの実績や昨年の世界選手権での優勝、外国人に勝てそうだということを加味されて代表に選出された。だが、雅山は体重別選手権について「代表選考会ですよね。それだったら優勝した人がオリンピックに出られるのが当たり前じゃないんですかね」、「決勝戦で負けたが過去の実績で選ばれた谷選手。うーん納得いかないですね(怒)」と書いている。


 雅山が異議を唱える理由は、谷を尊敬するとしながらも「しかし代表選考会で負けて、この間の日本の大会でも負けました。それでも選ばれるんだから他の若手選手はやる気もなくなるだろうし、伸びていかないでしょうね」にある。


 雅山は納得いくためには、国内の大会のポイント制導入を提唱した。優勝は10ポイントで、ベスト8で3ポイント、そして2年間の総ポイント数で一番高かった選手がオリンピック代表になる、というものだ。


 これは全日本柔道連盟の山口香女子強化委員の提言と同様である。(アメーバニュースより)



本文のある雅山のブログ


http://www.musashigawa.jp/blog/miyabiyama/?p=11131


ブログより一部引用


代表選考会で負けて、この間の日本の大会でも負けました。それでも選ばれるんだから他の若手選手はやる気もなくなるだろうし、伸びていかないでしょうね。

若手選手には大舞台のチャンスや経験が過去の実績というだけでなくなってしまいます。

まぁいろんな意見があると思いますけど、個人的にはそんな事なら最初から代表選考会なんてやらない方がいいと思います。若手選手が可哀想です(泣)。


------------------------------


 下欄にも書いたけど、オリンピックは谷でなければ勝てないかもしれない。この選考が正解のような気もするので複雑だ。彼女がいかに天才かは多くの柔道選手が口にしている。
 でもその彼女に勝っても出られないのでは、選手のやる気はそがれる。

 大会が終ってすぐに代表を発表したという、他競技ではありえない異様な早さも、自分たちが他とは違うことを自白している。
 本家ということ、何があっても勝たねばならないというこだわり。


 雅山のこのブログも相撲マニアだけが読む特殊なものだったのに、こういう話題に触れると大きく紹介される。


 出場規定に関してもうすこし明確にすべきとは思う。
 勝っても北京に行けない選手はかわいそうだ。

Comments

No title

みなさん、「金」を取るために、谷の選択は当然、あるいは仕方がないとおっしゃいますが、あの厚顔で、専横な態度は日本国民からすでに嫌われてます。
負けておいて、夜の江川の番組に出る下品さ。
前回も同様だった。金を取ったからそれでいいと言うことにはなりませんよ。
後輩に道を譲れば、永遠にその名誉は語り継がれるだろうに。
北京では(仮にオリンピックが行われての話ですが)、シナ人以上に日本人が谷の負ける様を期待してテレビの前に座っているでしょうね。
ああいう輩に柔道着を着てもらいたくありませぬ。

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!