記事一覧

忘れる映画、忘れる心

興味のないことはどんどん忘れて行くものだが、ひさしぶりにここにきて、誤字脱字を直すのに過去の記事一覧を見ていておどろいた。私はもう映画「雷桜」、「南極料理人」、「ノーカントリー」、「キラーヴァージン」とかを見たことすら忘れていた。だいたいこういうのは「タイトルは覚えているけど中身は忘れた」ぐらいのものだが、そうじゃなく、そんなものを見たことすら忘れていた。それはまあそれだけ自分とは縁のなかったものなのだろうからしかたないとしても、いやはやひどいものである。もともと百の内ひとつかふたつを異常に詳しく覚えて、その他はどうでもよくなるような性格なのだが、それにしてもつい先日なのだ。「南極料理人」なんて、南極の厳しさが伝わってこないくだらない映画だと立腹してかなりの長文を書いたのに、そのことすら忘れている。べつに覚えていても意味のないことだからどうでもいいとしても、ちょっと忘れるのが早すぎる。

その理由の半分は、好きな作品ではなかったことだが、あとの半分に、安価に入手したDVDを家庭で見たということもあるだろう。映画館まで行ったなら、行ったという行為から記憶して行く。またセルビデオを買ったなら、買うほど好きなのだから当然だけれど、その代金でも記憶して行く。
レンタルで安価に入手し、自室で寝ころがってみて、つまらないから途中で寝てしまったというようなものが記憶されて行くはずもない。

まあ映画なんてそんなものだ。映画は偉大な総合芸術だけれど、価値ある物は自然にこちらの心に響いてくるし、縁のないモノは、どんなに世間で評判になろうと伝わっては来ない。そいういう割り切りでいいのだ。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!