記事一覧

セレブと貧乏太郎──サティスファクション──ジミー・スミス

いつものよう午前3時起床でPCに向かっていた。
BGVに「セレブと貧乏太郎」をサブディスプレイでちいさく流している。
2008年10月。フジテレビ火曜21時からの連ドラ。
上戸彩が出ているので借りてきた。上地雄輔の演技を見るのは初めてか。
いやDVDで映画「漫才ギャング」を見ている。「ヘキサゴン」のオバカさんとしては初出場の時から知っているが役者として見たのはそれが初めてだった。



「やまとなでしこ」にハマったので、この種のコメディに期待したが、残念ながらくすりとも笑えない。なかなかあそこまで出来のいいラブコメもないのだろう。
でもそれぐらいがBGVにはちょうどいい。あくまでも賑やかしに流しているだけ。
本気で書くときは音を消す。すっかりながら族ができなくなってしまった。むかしは深夜放送を聞きながら数学の難問が解けたのに。



第6話にストーンズの「Satisfaction」が流れるシーンが出てきた。正しくは「(I Can't Get No)Satisfaction」と書かねばならないのか。

どこかの国のプリンセス(といってもまだこども)に上戸(デザイナー役)とライバルがドレスをデザインする。コンペだ。世間と審査員の票で上戸は負けるのだが、古いしきたりにうんざりしていたプリンセス自身が上戸の作品を選ぶという話。そして
celeb1

クラシック音楽(「美しき青きドナウ」)で優雅に踊ったあと、

突如流れてくるのがキースのあのリフ、Satisfaction。プリンセスは自分の好きな音楽で踊り始める。6話まで見てきて、初めてゾクっとしたシーン。ゾクっとしたのは番組じゃなくて音楽なわけだけど。
celeb2

う~む、何十年経とうとかっこいいものはかっこいい。しかしプリンセス、幼いのに好みが渋いな(笑)。



そこでドラマを止めてiTunesを起動。Satisfactionを探す。まずは本家のストーンズ。大きな音で聞きたかったからヘッドフォンにする。近年まったくRockを聞かない。「Satisfaction」なんて何年ぶりだろう。大げさじゃなく10年以上か!?

しばし、ひさしぶりのそれに酔ったあと、他の「Satisfaction」バージョンはなにがあるのかと探す。Michelle SimonalのBossa Novaがあった。かなりエロい歌唱(笑)。青江三奈のよう。

そしてJimmy Smith。
jimmysmith

オルガン弾きながら唸ってる(笑)。唸るサティスファクション!

朝の6時なのにバーボン飲みたくなってきた。たまらんな。

-------------------------------

【附記】 ──リンクの是否

YouTubeにあるならリンクを貼ろうと思ったがないようだ。せっかくここに来てくれた人にジミー・スミスのサティスファクションを聴いてほしいから、自分のファイルをここにリンクしたいけど、やったことがないのでその方法を知らない。私は携帯電話からブログに画像をアップする方法を知らない。というか携帯電話で写真を撮らないけど(笑)。
検索して調べればすぐにできるようになるとしても、やはりそれは違法なのだろう。でもYouTubeにあれだけやられているように、しらんふりすればいいのか。よくわからん。むずかしい。ただ、できるだけ著作権は犯したくない。厳密にはこんなLPジャケットの表示もいけないのだろうが。



【附記.2】──サティスファクションを知らない世代

アップしたあと、<セレブと貧乏太郎 サティスファクション>で検索したら、「第6話で流れたあの曲はなんですか」という質問と、それに「あれはローリングストーンズのサティスファクションです」と答えているものがあった。

「サティスファクション」は1965年の曲だから、このドラマの2008年時点で43年前の曲。20代はもちろん30代、40代でも知らない人は多いのだろう。Rockをやっている連中なら逆に十代でも知っているだろうが。
プリンセスが近年のヒット曲を選んだら、それはそれでつまらなかった。あれこれ考えると、ベストの選択だったのか。
そういう質問があったということは、曲を知らないけどかっこいいと思ったことになる。

たとえば同じような設定で「フォークソング!?」みたいなテーマになったら、ディランの「風に吹かれて」や、すこしシャレてもS&Gで「スカボロー・フェア」あたりになるだろう。もちろんPPMで「花はどこへ行った」でもいいけど。いや、こっちのほうがいいな。このサティスファクションは「花はどこへ行った」か。

ストーンズじゃなくてビートルズだったら何になったろう。音としては、「ゲット・バック」とかそんな感じだろうな。
というようなことを考えれば考えるほど、「プリンセスはロックがお好き」という設定に、サティスファクションという選曲は見事だった、と感じた。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!