記事一覧

久保田早紀の「異邦人」-YouTubeの決定版

ihoujin

今日、なぜか突如猛烈に「異邦人」が聞きたくなった。以前YouTubeで見かけ、ダウンロードしたものがひとつだけあった。それを再生する。音質が悪く、物足りなく、もっといいのはないかと探しに出かけた。そこでこれを見つけた。
もっているそれとは音質がぜんぜんちがう。YouTubeのファイルでなぜにここまでちがうのか、ネットに疎い私には解りかねるが、なんともすばらしい出来栄え。

これ、元ファイルは「夜のヒットスタジオ」か? なにゆえこんなに高音質で保存できたのだろう。編集も見事。感嘆した。世の中にはすごいひとがいるものだ。ともあれアップしてくれたことに感謝感謝。

(【後日記】──これ、映像を編集して、音はCDから被せたんだね。どうりで音が良いはずだ。音と映像の口許を見ていてわかりました。そんなこともわからんのか、と指摘される前に一応書いておきます(笑)。夜のヒットスタジオの音そのままだったら、かなりひどかったろうな。)



1979年か。
もう33年も前なのか。
この曲がヒットしていた時間を克明に想い出す。

音楽は偉大だ。時を飛ぶ。

このファイルの感想に、
「今の意味不明なJ-P-OPをどんなに積み重ねても、到底足元にもおよばないほどの1曲-であると思います」
とあった。私もそう思う。楽曲の完成度が最近のものとは根底からちがっている。
音質がいいので、思いっきり大きな音で聞いてほしい。

久保田早紀「異邦人」



キリスト教伝道師になった今の「異邦人」。

これはこれで味わいがあってよいと言うひともいるようだが、確実に声が出なくなっているのを見るのはつらい。味があるとしても歌唱は劣化している。私はこれは聞かなくても良かった。齢を取ると筋肉の衰えから声量も声域も落ちる。実感している。他者のそれも見たくない。同じ考えの人は聞かないほうがよい。



こちらは中森明菜のカバー。中森明菜という声量のない息切れ歌手の独特の魅力が伝わってきて、これはこれで魅力的。
でもすべてはオリジナルの魅力を正面から受け止めての話。

Comments

No title

今は久米と言う本名で伝道師ですが今は牧師の資格を取っているかも知れません。

No title

それから久保田早紀を検索でお邪魔しました。

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!