記事一覧

大震災から一年──3.11テレビ東京の美学──大震災の時間に流す「銀座高級クラブママ 青山みゆき3 赤いバラの殺人予告」

昭和天皇崩御の前後、NHKも民放も「追悼の昭和」一色に染まる中、テレビ東京は歌謡番組を流した。もちろんそれはそれで計算があり、「追悼昭和の歌謡曲」のような体裁をとってはいたが。

それが重い番組を嫌うひとたちに受けて視聴率を稼いだ。
当時、「三強一弱、一番外地」と言われていた東京の民放で、さすが番外地はやることがちがうと妙に感心されたものだった。

ところがその後、「鑑定団」のようなヒット番組も出て、「一番外地」と差別されてきたテレ東は、「一弱」とバカにされてきたテレ朝を視聴率で抜くようなことも実現する。自信をつけ、今までは旧い洋画を流してごまかしていたような「選挙速報」も、堂々と独自の番組を流して「三強」に挑むようになった。そしてそれが、なんと、池上彰の起用も当たり、民放ナンバーワンの数字を取ったりした。

これはこれで快挙である。
しかしそれは、リアクション芸人の上島竜兵や出川哲朗が本格的演技派に転身するような不可解なものでもあった。道に外れているからこそテレ東を支持しているひねくれ者(私は無関係ですので。念のため)には、そういうテレ東の姿勢をつまらないと嘆くひともいた。邪道だからこそテレ東ではないか! と。



東日本大震災から一年の日。あの時間の15時前後に、テレビ局はみな特番を組んだ。

311


 












国営放送はもちろん民放も一様に大震災特番を組んだ。そんな中、

3112 











テレ東は「銀座高級クラブママ 青山みゆき3 赤いバラの殺人予告」を流す。見たことないけど、これ、どんな内容なのだろう。火曜サスペンス劇場みたいなもの? いや火曜サスペンス劇場すら私は見たことないのだけど。
この日のこの時間に「死体に咲いたバラの謎?」とやるのだからたいしたものだ。

非難は覚悟の上。あのときの甘い味が忘れられない。きっと、大震災に興味のないひとたちに支持され数字を稼ぐことだろう。という読み。プロデューサーは視聴率発表の瞬間を今からわくわくしつつ待つ。いい数字が出たら「やったあ!」と乾杯なのだろう。数字さえ取れば勝者だ。そうかな?

「テレ東魂は死なず!」ということか。

それはそれでいい。それこそが「民主主義」だ。 こんなのがあってもいい。

-------------------------------

昭和天皇崩御の日、私はふだんは一切見ないNHKにチャンネルをあわせ、モノクロの戦争報道等の記録フィルムを録画しつつ見ていた。 あの日を丸一日録画したVHSテープは私の宝物だ。皇居に弔問記帳に行ったことを思い出す。

テレ東のやりかたはただしい。「あり」だ。
みんなが右を向くからこそ左を向く「ひとり」は必要だ。 

あるいは今、フジテレビのほうがこの時間、お笑い番組を流して数字を稼ぎたいだろう。「レッドカーペット特番」なんてやったら、かなりいけるんじゃないか。それとも「韓流ドラマ」でも流すか。

でもフジは出来ない。半端なプライドがあるから。
やるんじゃないかと思っていたら、やっぱりやったテレ東は、その意味、汚れ芸人として凄い。性根が座っている。

だけど私は今日、絶対に
銀座高級クラブママ 青山みゆき3 赤いバラの殺人予告」は見ない。
そういうありかたも認めるけど、それに染まるかどうかは別問題だ。
テレ東の関係者じゃなくて本当によかった。赤面しつつ生きたくはない。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!