記事一覧

テレビ東京「和風総本家─憧れのニッポン」──日本好きの外国人にウルウル

テレ東の「和風総本家──憧れのニッポン」を半分だけ見た。よかった。



日テレの「みんなのアメカン」という雨上がり決死隊の番組を録画しておいた。初回なので19時から2時間特番だった。
21時を過ぎてから、食事にする。録画してあるそれをBGVにしようと思った。
すこし見て、あまりにつまらなくて消した。削除した。それが21時20分ぐらい。
ふだんならそこですぐにテレビを消すのだが、期待していた番組だったので、なんとなく未練がましくチャンネルを替えた。
それでこの番組に行きあたった。 録画すべきはこっちだった。いい番組だった。でも半分しか見られなかった。



日本の農業に興味を持っているという24歳のアメリカ人青年。岐阜市在住。日本の野菜、果物の中でも最も興味をもっているというメロンを、静岡県のメロン農家で体験学習。
日本に来て2年なのに、ことばはもちろんだが、農業の本を勉強し、漢字までマスターし、それを記入しているノートは見事。
真剣に働くので農家のご夫婦にも認められていた。

和菓子に興味があって、故郷のスペインで和菓子店を開くのが夢というスペイン娘。老舗和菓子店の製作現場を見学させてもらう。 頑固一徹な和菓子職人だったが、熱心な質問から、彼女の興味がいいかげんなものではないと感じとり、おおきく時間をオーバーして叮嚀に説明してあげる。彼女は感涙。



私は「さあ、泣け! これでどうだ!」というような番組には泣かないが、というかその種のものは見ないが(笑)、この手のものには弱い。日本を大好きな外国人が、ほんとうに日本のことを勉強していたりすると、もうだめだ。

といって、それはこういう趣旨の番組だけとは限らない。

以前、ビートたけしの「ここがヘンだよ日本人」 で、被害者感覚でしつこく日本を責めたてるシナ人と朝鮮人に向かって、ゾマホンが、白人がアフリカを殖民地にして、どれほどひどいことをしたか、いまもそのことに関してただのひとことも謝罪していない、なのにあんたたちは、日本のお蔭の部分もあるのに、それを無視し、日本にここまで謝罪させ、弁償させ、それでもまだそんなことを言うのか、と、あの呂律のまわらない日本語で怒ってくれたときはうれしくて涙が出た。



どうにも、日本大好き外国人のこの種の番組にはよわい。
テレビ大阪制作とか。これまた「尊敬する大阪」である。

---------------

【追記】──いい番組なんだね

過去の放送分を探して見てみた。「世界で活躍する日本製品」では、足立区の職人が作る毛抜きが、イタリアで高級品として活躍している様子が流れていた。 いい内容だった。これから毎週録画して見よう。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!