記事一覧

股間が痒くなるCMに関する是否──男篇まで出たのか!?

ライブドアでブログをやっているので、ライブドアニュースというので世間一般のニュースを知らされてしまう。知りたくなくても知ってしまう。そういうものに関わらず仙人になろうとしている身には、これはけっこうキツいものだ。

今日見せられてしまったのはこんなニュース。 



北原みのり氏がCM「股間が痒くなる~」を嫌悪する理由

 コラムニストの北原みのり氏は、男性器に塗るクリームのCMで「イヤだ」と思ったという。そして考えた末、そのCMの何が「イヤ」だったのかわかったといい、理由をこういう。

*  *  *
 今年のCMを見て分かった。電車の中でネクタイをしたサラリーマンがスキップしながら「股間が痒くなる~」と歌うのを聴いた時に、何がイヤなのか、きちんと分かったのだ。

 公共過ぎる。それに尽きる。

 はっきり言って、職場とか電車という場所は、女にとっては最もペニスに黙っていて欲しい公共の場なのである。電車なんて、特にペニスを意識したくない空間だ。 
http://www.wa-dan.com/article/2012/06/cm-1.php 



へたくそな文章だ。どんなのが書いているのだろう。

テレビを見ないので知らないが、今時そんなCMが流れているのか。くだらん。
それに対して上記のコラムニスト(知らない)が、不快感を表明したわけだ。

これは我が意を得たりと思った。私は前々から、たしか「ロンハー」だったと思うが、そこで流れる「デリケートゾーンの痒みがどうたらこうたら」というCMが不快でたまらなかった。私は「ロンハー」は録画しておいて、一息吐いたときに、酒と肴を楽しみつつ見ることが多い。そんなとき「デリケートゾーンの痒み」の話は聞きたくない。酒が不味くなる。さいわい録画だから30秒スキップを2.3回押せば逃げられるが、それでも接してしまった不快感は残る。なんであんなものをわざわざCGまで使ってCMにするのか、理解できない。

今までもそう書いてきたから、今回高名なコラムニスト(ぜんぜん知らないひとだけど)が、私と同じことを言ってくれたかと意を強くした。まったくもってこういうCMを公共の電波に乗せる感覚がわからない。
生理ナプキンをCGまで使って、こんなにたっぷり吸いこみます、こことここがポイントで漏れません、とやっているのなど、私から言わせれば気違い沙汰である。「なぜああいうものをCMで流すのですか。女を侮辱するのですか。やめてください」というのが、私の考える正しい女の感覚なのだが、今の時代、そんなおんなはいないようだ。

そういう中、まともな女もいたのかと嬉しく思った。

が、が、が、ちがっていた。このコラム、このあとこう続くのである。



  女性向けにも同様に「デリケートゾーンの痒み」を鎮める薬があり、そのCMもある。例えばそれはお昼休みのOLたちが公園風な場所で「痒いのは恥ずかしいことじゃないよ」と共感を求めるように淡々と語るCMだ。ゲスな勘ぐりをキッパリ排除! という感じで、プライベートゾーンへの配慮を寄せている。"デリケートゾーン"という言い方も、相当考えられた言い回しだろう。

 一方、「痒い!」と男だけで電車や職場で大合唱する感じからは、ペニスのプライベート&デリケート感ゼロである。「股間!」と明るく言い放つ感じは、「チンコ!」と言って喜ぶ小学生男子レベルの〈笑〉である。



くだらねえ。ただのバカ女だった。こんなのに一瞬でも期待した自分が恥ずかしい。
男の痒いは否定で、その点、女の痒いは淡々と語るから肯定なんだと(笑)。
ゲスな勘ぐりをキッパリ排除! ってどういう意味だ(笑)。おまえの中にゲスな勘繰りがあるから出て来る発想だ。

じゃああれか、男の痒みも女のCMみたいに、「男性のデリケートゾーンの痒み、気になりますよね」と、
お昼休みのサラリーマンたちが公園風な場所で「痒いのは恥ずかしいことじゃないよ」と共感を求めるように淡々と語るCM にすればいいのか。そうすれば ゲスな勘ぐりをキッパリ排除 できるのか?

フェミニストなのかな、この女は。ひさしぶりにバカを見た。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!