記事一覧

「たかじんNOマネー」から青山繁晴さん降板──予測通りの結末

「たかじんNOマネー」から青山さんが降板することになったらしい。



▼独研(独立総合研究所)の総務部によると、「たかじんnoマネー」というテレビ番組のスタッフから「番組がバラエティ色を強めるので、青山さんには今後、オファーしない」と連絡があったそうです。
 ぼくはもちろん、そのまま諒解しました。

 これによって、ふたつお別れを申します。
 たとえば新潟に、メタンハイドレートをめぐって泉田知事と協議するために出張したとき、機内で、空港で、そば屋さんで、旧税関のある明るい公園で、県庁で、ずいぶんと声をかけられ驚いたのですが、すべて「たかじんnoマネー」をご覧になっているかたがたでした。

 この番組は、東京では放送していませんが、案外に(東京などを除き)全国各地で放送されています。
 そのために、この放送で「青山繁晴という野郎を初めて知った」というひとが多かったのですが、これでお別れです。

 もうひとつ。
 この番組は、一般から抽選を経てスタジオにおみえになる番組観覧者がいらっしゃいます。
 収録や生放送が終わるたび、ぼくは、このかたがた全員と、おひとりおひとり眼をみて握手を交わしていましたが、これもお別れです。

▼今後、ぼくのテレビ番組への参加はどんどん減っていくのかもしれません。ひょっとしたら、ね。
 当然ながら、売り込みとか営業とか、あるいは芸能プロダクションへの所属などは今後も、一切いたしませぬ。したがって、場合によっては、もっと多くのかたがたともお別れになっていくのかもしれません。

 ぼくとしては、いままで通りの生き方を、独研とともに続けるだけです。また、ひとりのもの書きとして精進していきます。

 関西テレビの報道番組「スーパーニュース・アンカー」の生放送から帰京する機中にて。みなさん、ありがとう、こころから。
http://blog.goo.ne.jp/shiaoyama_july/e/ea01a3af0d226d33f076b3dd4a160ed8

---------------

 私にとってネットで見る「たかじん」(東京では放送されていないのでテレビでは見られない)とは、「そこまで言って委員会」だった。たかじんが病気療養中に、代打の青山さんのやる政事ネタがおもしろくて「NOマネー」も見るようになった。

 しかしそれは完全に青山さんの政治番組になっていたから、たかじんが帰ってきたら青山さんは降りる(降ろされる)のではないかと予測していた。 青山さんとたかじんの仲が良好なのかどうかは知らない。しかし電池で言うなら+と+だからぶつかってしまうだろう。



 たかじん復帰作に青山さんがいなかったときは、「やはり」と思い、《「たかじんNOマネーで、えなりかずきが韓国大嫌い」と公言》にもそれを書いた。そのとき出ていた松尾とか大谷なんてのは、いかにも脇役であり、しっかりたかじんの引き立て役になっていたが、青山さんはタイプがちがう。降ろされたと思った。

 すると次の回には出演したので、早とちりだったかと反省し、「よかった」と追記した。
 そして今回の青山さんご自身からの降板の報告。残念だが、予測通りではある。



 青山さんが説明されているように、「バラエティー色を強めるので」と思いたいが、ちがう力の働きも感じる。
 そもそもバラエティー色を強めるだけなら、「今後あなたを起用しない」とわざわざ宣言する必要はない。バラエティー色を強める方向に行ったが、視聴率が低迷したので、また政事色を強めることにした、また青山を呼ぼうということもあろう。そのときのために、あやふやなまま確保しておいた方がいいのだ。明確に絶縁宣言する必要などない。
 つまりはこれ、「バラエティー色を強めるから青山と絶縁する」ではなく、「青山と絶縁するために、バラエティー色を強めるという理由を考え出した」のである。 



 どんな力が働いたのかと邪推すれば「Korean NOマネー」だろう。 
 単にたかじんが青山さんを気に入らない、だけならいいのだが……。
 しかしまあ腰ぎんちゃくを集めただけのバラエティならもう見ないな。

============================================

【追記】──たかじん、体調不良で再度休養へ──5/11

 初期の食道がんから1年2カ月ぶりに復帰した歌手でタレントのやしきたかじん(63)が2日夜、体調不良を訴え、3日に予定されていた読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」の収録をキャンセルした。4日のテレビ大阪「たかじんNOマネー」の収録も見合わせる。読売テレビによると、詳しい病状は不明。
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/05/03/0005959500.shtml



今年3月に食道がん治療から復帰したタレント・やしきたかじん(63)が、体調不良のため再度休養に入ったことを受け、テレビ大阪は13日、たかじんが司会を務める同局番組「たかじんNOマネー」を5月中は司会の代役を置かず、タレント・眞鍋かをり(32)らレギュラー陣が番組進行する形式をとることを発表した。

3月のたかじん復帰後は土曜午後6時59分から2時間枠で放送していた番組を、今月18日からは土曜午後1時からの1時間枠で放送する。眞鍋を中心に、大谷昭宏氏、水道橋博士らレギュラー陣で番組を進め、18日は鳩山邦夫衆院議員、25日は本村健太郎弁護士がゲスト出演する。
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/05/13/0005986155.shtml


---------------

 こういう事態は充分に考えられたのだから、なにも青山さんに「絶縁宣言」などする必要はなかった。キープしておけばよかったのである。
 なにをそこまで急いだのか。どのような力が働いたのか。不可解である。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!