記事一覧

「半沢直樹」って池井戸潤の「オレたちバブル入行組」だったのか!──見知らぬものが急に身近に

「半沢直樹」35・9% 今世紀5位まで上昇!瞬間最高は初の40%超 関西はミタ超えた

デイリースポーツ2013年09月17日10時50分
  
 15日に放送された、俳優・堺雅人主演のTBS系ドラマ「半沢直樹・第9話」(日曜、後9・00)の視聴率が、連休明けの17日、ビデオリサーチの調べで明らかになった。

 関東地区では平均視聴率35・9%を記録。驚異的な右肩上がりで数字を伸ばしてきた痛快ドラマが、次週22日の最終回を前に、今世紀(01年以降)のドラマランキングの歴代5位にまで上昇した。

 物語終盤の午後9時52分に今作初の瞬間値40%に到達し、同57分に瞬間最高40・1%をマークした。

 第9話では、巨額の損失を出した融資先の伊勢島ホテル経営再建を巡り、崖っぷちに立たされた東京中央銀行本部・営業第二部次長の半沢(堺)がついに反撃を開始。同行に金融庁調査に入ったオネエキャラの主任検査官・黒崎(片岡愛之助)の追及をヒリヒリの展開の中、危機一髪で跳ね返すことに成功。いよいよ亡父のカタキである上司の大和田常務(香川照之)への「100倍返し」を宣言し、物語は次週22日、最終回を迎える。

 最終回で“今世紀ドラマ1位”となる40・0%を記録した11年・日本テレビ系「家政婦のミタ」は、直前回の28・6%から一気に跳ね上がったが、「半沢‐」はどうか。

 また関西地区では15日は平均36・7%を記録。こちらは同地区の「‐ミタ・最終回」の36・4%を早々に上回った。瞬間最高は午後9時56分に42・6%をマークした。

---------------

 世の中と乖離した生きかたをしているので世事に疎い。中でもテレビドラマは一切見ない。連続ドラマを楽しみに見たのって何十年前になるのだろう。
 とはいえ、遅ればせながら名作と言われたものはレンタルDVDで見ているので、まったく知らないというわけでもないのだが。



「半沢直樹」というテレビドラマが話題らしい。もちろん見たことはない。何も知らない。「高視聴率だ」というニュースを見かけるだけである。先日ネットで「たかじん」を見たとき、金美齢さんがこの話題に触れ、「あれはね、水戸黄門なのよ」と言っていたので、彼は刑事とか検事とかそういう役職なのかと思った。
 と、それぐらい何も知らないのだが、見かけるたびに毎度「半沢直樹、どこかで見たような聞いたような……」とは思っていた。



 ここまで話題になっているのだから、すこしぐらいは知っておいたほうがいいかと、検索してみた。
 原作が池井戸潤と知る。ここでまず驚いた。「あ、そうなの」という感じだ。彼の作品は数年前、直木賞を受賞する前年ぐらいに、図書館から借りてまとめ読みしたことがある。銀行内部の話が勉強になった。1冊も買っていないので威張れないが、直木賞を受賞する前の作品はぜんぶ読んでいる。サイトにも長々と感想文を書いた。ここ数年でまとめ読みした作家というと、真っ先に池井戸潤と白石一文の名が思いうかぶ。

 池井戸作品が原作で、記録的高視聴率になるようなものが思いつかない。「半沢直樹」というのは、私の読んでいない、直木賞受賞後の刑事ものかなんかをテレビドラマ化したのだろうと推測しつつWikipediaを読む。と、なんと、原作は「オレたちバブル入行組」とある。ここでは「えーっ!」と声が出てしまった(笑)。それほど意外だった。通称「オレバブ」と呼ばれる池井戸さんが銀行員だった経験を活かした銀行員が主人公のシリーズものだ。おもしろかった。サイトに書いた感想文でも「これがいちばんおもしろい」としている。世間で話題の「半沢直樹」って「オレバブ」だったのか。名前に憶えがあると思ったがあるはずだ。



 しかし「オレバブ」を連続テレビドラマ化して、歴代うんぬんと言われるほどの高視聴率を取るということは、脚本がすぐれているのだろう。大好きな小説だが、かといってテレビドラマの原作に向いているとは思えない。銀行員の話だし。あれがテレビドラマの原作としてふさわしいなら、池井戸さんが直木賞作家になる前に、とうのむかしにドラマ化されていたはずだ。おそらく来週も見たくなるように、テレビ的に上手にいじくりまわしてあるのだろう。それはテレビドラマの脚本としてはすぐれているが、原作好きの私には不快なもののような気もする。テレビドラマ化された東野圭吾の「白夜行」は高視聴率を取りテレビドラマの賞をいくつも受賞して名作と言われたらしいが、DVDで見た私には、原作とは程遠い、というか「白夜行」という作品の根底、大前提をぶち壊しにしているどうしようもない駄作であったように。



 いやいや悲観的に考えるのはよそう。あの銀行話をすぐれた脚本家が上手に脚色し、私なんかでもわくわくしつつ見られるおもしろいテレビドラマに仕上げたのかも知れない。そうでなきゃここまで話題にもならないだろう。原作好きの私がもういちど原作を読みなおしたくなるような秀作かも知れない。と好意的に解釈してDVDで見る日を楽しみにしよう。
 それにしても意外だった。話題沸騰のテレビドラマの原作がまさかかつて知ったる「オレバブ」とは。人気アイドルが中学のとき地味だった同級生と知ったときなんかは、こんな気分になるのだろうか。

kanren6
池井戸潤直木賞受賞──「鉄の骨」を「徹の骨」と書くマスコミの無神経 

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!