記事一覧

オルフェーヴル敗戦に涙する大島麻衣に批判──フジテレビ競馬中継

「何も知らないくせに……」“世界最高峰”凱旋門賞の日本馬惨敗で涙した元AKB大島麻衣に、批判の声が殺到!

 日本馬初勝利の偉業をかけて臨んだ世界最高峰の競馬レース「凱旋門賞」が6日夜、フランス・パリのロンシャン競馬場で行われた。結果は日本馬歴代最強の呼び声高いオルフェーヴルが昨年に引き続き2着。今年の日本ダービー馬で武豊騎乗のキズナは4着で、勝ったのは地元フランスの無敗牝馬トレヴだった。

 そんな中、ネット上で物議を醸していたのが、この日生中継したフジテレビの競馬番組にレギュラー出演中の元AKB48の大島麻衣だった。

 大島は毎週日曜の同局の競馬番組『みんなのKEIBA』にレギュラー出演中。オルフェーヴルを直接取材したこともあるだけに、2着惜敗に涙、涙……。その姿は画面に何度もアップで映されたが、競馬ファンに言わせれば「こっちは現場の様子が見たいんだ
。大島なんか映してんじゃねぇ!」。ネット上では「競馬も知らない素人を番組に出すな!」という辛らつな意見も多かった。

 事実、大島は番組に起用されるまで競馬はまったくの素人で、事務所関係者がイチからレクチャーしていたという。

「所属事務所と同番組の関係者が個人的に親しいというだけでキャスティングされた。彼女も競馬の勉強をまったくしていないとは言いませんが、楽屋では競馬新聞を読むこともなく、ケータイばかりイジっています」(番組関係者)

 大島は韓流アイドル好きで知られ「何度もプライベートで韓国に行っている。お気に入りは5人組男性グループ『MBLAQ』の某メンバーで、個人的に“関係”を持っているというウワサもある。彼らの一般ファンの間で、大島は目の敵にされていますよ」
(事情通)。

 今回の大島の涙に、「説得力がない」という指摘も、あながち間違ってはいない。競走馬より韓国アイドルを追い掛けていたほうがよいのでは!?
http://news.livedoor.com/article/detail/8152425/

---------------

 芸能ニュースにしてはかなり辛辣である。書いたひとが競馬ファンで、競馬好きでない大島に批判的なのだろうか(笑)。いや、そんなことはないな。書いた人も競馬は知らない。なぜなら凱旋門賞で日本馬は2着と4着になり惨敗などしていないからだ。大健闘である。とするとただの大島麻衣嫌いか(笑)。

この問題の基本はここにある。 

「所属事務所と同番組の関係者が個人的に親しいというだけでキャスティングされた。彼女も競馬の勉強をまったくしていないとは言いませんが、楽屋では競馬新聞を読むこともなく、ケータイばかりイジっています」 

 大島は競馬番組に出演して予想をしているのに競馬の勉強をしていない。何事においても好事家は、それが好きだからこそ、そのひとが本物かどうかを見抜く。見抜きたくなくても見抜けてしまう。
 競馬ファンから見て、大島麻衣が、競馬を好きではないこと、仕事のひとつとしてこなしていること、好きでもないくせに好きなふりの演技していること、がハッキリと見える(笑)。

 美脚が売り物だったなんとか(名前が出て来ない)のようにまったくのバカだと悪口さえ言われないのだが、半端に頭の回転がいいため、井崎さんに適当に話を合わせたりして競馬好きを演じるから、よりニセモノ臭さ芬々となっている(笑)。



 と、いつにも増して「(笑)」を連発してしまったが、正直な気持ちだ。
 私がもっと若かったら、この記事にあるように正面から怒ったろう。しかしあまりに長年この種のいいかげんなものを見てきたから、いまは怒る気にすらならない。

 そもそもこの問題は、「大島麻衣のいいかげん」というより「フジテレビのいいかげん」なのであり、「アメトークのKARA大好き芸人で批判された関根勤を擁護する」に書いたように、私は批判されるべきはテレビ局であると思う。「軽チャー路線」で視聴率の王者として君臨した(いまは落ち目らしい)フジテレビの体質の問題なのだ。

 この番組でも、井崎さんが大島のことを思うなら、「競馬ファンてのは勉強していないひとを見抜くからね、勉強した方がいいよ」とアドバイスしてやればいいし、福原も、真の競馬好きアナを自称するなら、その辺を気遣うべきだろう。でもそうじゃない。何もしていない。それが局の体質であり軽薄と適当が売りなのである。構造汚職ということばがあったが、この局は〝構造軽薄〟〝構造いいかげん〟であり、井崎さんも福原も大島もそのパーツのひとつだ。
 フジテレビ競馬中継の問題点は山のようにあり(よいところは数えるほどもない)、大島のいいかげんさはあまたある中の1点でしかない。視点を変えれば端的な「今のフジテレビ競馬中継のいいかげんさの象徴」とは言える。



 私が大島の涙の件に腹を立てなかったのは、裏開催のメインレース(Win5対象レース)を放映しないとか、青嶋アナのクソみたいな実況とか、より大きな立腹点があるからだ。(私はWin5を買わないからそのことに直接関係はないのだけれど、その対象レースを放映するのはJRAから金を貰っている中継局の基本であろう。)

 そしてまた、あまりに長いあいだくだらないフジテレビ競馬中継を見てきたので、麻痺していることもある。どんなにくだらなくても、それしか見るものがない。ずっと我慢して見てきたから、今ではもう怒る気力さえなくしてしまった。
 政治に絶望して政治に興味をなくしているようなもので、愚か者の結論ではある。私は政治に絶望していないから政治的発言はする。しかしもうフジテレビの競馬中継はいい。腹を立てるエネルギーがもったいない。あの局は絶対に直らない。あれが性根なのだ。しかし若い競馬ファンには怒り続けて欲しいと願っている。でも変らないだろうなあ……。だって私の知る限りでも40年も変っていない。いつもこうだった。中には「鈴木淑子さんが出ていた頃はまともだった」なんて半端な知ったかぶりをするのがいる。そんなことはない。同じだ。フジテレビの競馬中継はいつだって基本は「チャレンジ・ザ・ケイバ」である。

「大島はいいかげんだ。あんなタレントはおろせ。もっと本物の競馬好きを出せ!」「競馬中継に芸能人はいらない!」「フジテレビはもっとマジメに競馬中継をしろ」と怒ることは大事だ。怒り続けなければならない。「政治に絶望する者は絶望に価する政治しか持てない」のような伝で言うなら、「競馬中継に絶望した競馬ファンは絶望に価する競馬中継しか見られない」になる。絶望することなく怒り続けることが肝要だ。
 でも「この番組そのものがいいかげん」なので、大島のそれだけを責める気にはなれない。それにしてもひどい番組ではある。

-------

kanren6 ・ロンハー話──大島麻衣の魅力といいかげん

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!