記事一覧

映画「恋空」を見る──少女コミックののり

 私は大のマンガ好きでこどものころから何でも読んできたが、どうしても少女コミックだけは受けつけなかった。男と女の感覚の差なのだろう。


 この映画はそれですな。
 高校生の恋愛、セックス、レイプ、妊娠、流産、ガン、闘病、死、また妊娠、と盛り沢山。これでもかと天こ盛り。
 それがうすっぺらく描かれている。
 その現実感のないうすっぺらさが少女コミックを思い出す。


 原作はケイタイ小説とか。私はその事に興味をもって見た。
 ケイタイ小説とはなんぞやと。
 この作品でケイタイ小説をわかったつもりになってはいけないとしても、ここにケイタイ小説のエッセンスがあるのも確かだろう。

 書籍化、コミック化、映画化となったらしい。コミックがいちばん似合っている。
 映画は現実的な無理筋や、事実の誤りやらが目立ち、ちょっと正視に耐えない。何度も途中でやめたくなったが、がまんして見た。レイプ被害者やガン患者から非難が殺到したのもうなづける。


 レイプも妊娠も死も無縁のこどもがあこがれる架空世界のお話か。


 誰に責任?があるかといったら、中高生に受けて金になるからと映画化したおとなだろう。



 ガッキーファンにうらまれたくないので書いておくが、私の批判は原作の浅さに対してである。彼女の魅力は文句なしだ。ま、それ以前にここを読んでる友人にガッキーファンはいないって(笑)。


【附記】


 ジョージはいらないと思った(笑)。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!