記事一覧

豊真将引退──美しいお辞儀をありがとう。あなたの美学を忘れません。

 大相撲の元小結で、右膝のけがで東幕下7枚目に落ちていた豊真将(33=錣山)が初場所6日目の16日、日本相撲協会に引退届を提出した。同日の持ち回り理事会で年寄「立田川」の襲名も承認された。

 昨年名古屋場所で日馬富士に押し倒された際に右膝を負傷。8月2日に手術を受けた。復帰を目指してリハビリに励んできたが、再出場はかなわないまま、引退の道を選んだ。

 元エリートであり、挫折も味わった苦労人だった。山口・下関市で育った豊真将は小2で相撲を始め、名門の埼玉栄高に相撲留学。日大相撲部では1年からレギュラーになった。だが、同1年の00年11月に両足に蜂萵(ほうか)織炎を患い退部。警備員やとび職のアルバイトをして3年間、相撲から離れた。

 アルバイト先の会社社長を通して、1カ月前に独立したばかりの錣山親方(元関脇寺尾)に誘われ、04年春場所で初土俵。年齢は22歳11カ月で、新弟子の年齢規定23歳未満のギリギリだった。

 06年夏場所で貴乃花、武蔵丸、旭富士ら元横綱に並ぶ史上9位タイ(当時)の所要13場所で新入幕を果たすと、3度の準優勝を経験し、2度の技能賞、5度の敢闘賞を受賞した。

 上位の壁には跳ね返され続けたが、5度目の前頭筆頭で2ケタ白星を挙げて、11年九州場所で、年6場所制になった58年以降4番目に年長(当時)の30歳6カ月で新三役となった。

 近年は、幾多のけがや網膜剥離などに悩まされた。

 土俵上の所作がきれいなことで知られ、ぶつかりげいこでは、現役時代は「鉄人」の異名を取った錣山親方の肋骨(ろっこつ)を3度も折った伝説も持っている。

 [2015年1月16日15時28分]http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20150116-1422330.html

---------------

homashou2

 勝っても負けても、常に土俵上で対戦相手に対し、花道を去るときも、土俵に向かって叮嚀な礼をする、所作の美しい力士だった。〝一服の清涼剤〟という言いかたがあるが、豊真将のお辞儀を見るだけで、心が洗われるようだった。大相撲観戦の大きな楽しみだった。高見盛の動に対する靜の美である。

 私は外国人力士が好きだ。競馬の騎手でもそうなのだが、彼らは勝つことに貪慾だ。それは「同じサークル」内でぬるま湯に浸っている日本人とは異なっている。だから彼らの体力に任せた乱暴な取組や、ケンカまがいの相撲を──褒めはしないが──嫌いではない。だが彼らは礼儀がなっていない。取組での感情をそのまま対戦後も出す。それは日本人力士でもそうなのだからしょうがない。負けたら誰だって悔しい。まして乱暴な張り手や、肘うちまがいのかちあげや、関節技の小手投げや、いやなことをされて負けたら誰だって腹が立つ。礼儀正しく一礼しろと教えられていても、ふてくされて、それをせず、それどころか、ギロっと睨むようにして去るのも、挌闘技なのだから宜なるかなと言える。それがすなおな人間の感情なのだ。

 豊真将だけはちがう。どんな厭なことをされ、悔しい負けかたをしても、常に美しいお辞儀をした。私はそれを見て、涙ぐんだことが何度もある。一日のいやなことも、その美しいお辞儀を見ることで忘れられた。つまらないことにいらだった自分を恥じた。ま、酒を飲みつつ見ることが多いこともあるのだが、豊真将の美しいお辞儀に未熟な自分を恥じたことがあるのは事実。

homashou

 寺尾の錣山部屋の初の席取りだ。豊真将の取組を、柱の蔭から心配げに見守る寺尾の姿にもじんときた。

 幕下まで落ちた栃ノ心が見事な復活を遂げた。豊真将も! と期待したが、やはり躰の不調はもうどうしようもなかったようだ。なんとも無念でならない。

 豊真将関、美しいお辞儀をありがとうございました。立田川親方となって後進の指導に当たる際は、ぜひとも豊真将関の、礼儀の心を伝えてください。おつかれさまでした。

Comments

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!