記事一覧

小泉首相声優デビュウ──小倉の辛口に拍手

小泉元首相:ウルトラマンキングを熱演 次男の勧めで声優デビュー 映画「ウルトラ銀河伝説」

 小泉純一郎元首相(67)が、特撮シリーズ「ウルトラマン」の新作映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説THE MOVIE」(坂本浩一監督)で、「ウルトラマンキング」の声を担当することが13日、分かった。

 小泉元首相が演じる「ウルトラマンキング」は、ウルトラ一族の長老的なキャラクターで、要所を引き締める重要な役どころ。製作の円谷プロダクションは、「キングの重みを表現できるのは、かつて一国を背負った小泉元首相しかいない」と、8月初旬にオファーした。小泉元首相は一度は断るつもりだったものの、次男の進次郎・衆院議員に「子供のころ好きだったんだ。これは政治と関係ないから出てもいいじゃない」と勧められ、出演を快諾したという。



 初のアフレコ体験に小泉元首相は「何度か監督の指示に従って練習したのが良かったのかな。ウルトラマンは親子3代にわたって楽しめる。人々のあこがれに少しでも近づけるように配慮しながら演じた」と振り返った。(毎日新聞より)


------------------------------


 フジの朝のワイドショーでこの様子を見た。


 声優としての吹きこみ場面、ウルトラマンキングの動きに合わせての声だけ出演の映像。

 小泉さんの珍しいこういう場への登場に、みな好意的だった。引っぱりだしたプロデューサは「本物のライオンがいるみたいで、ぼくがびびっちゃって」と言って笑いを誘っていた。


 そんな中、ズラ小倉が、「みんな誉めてますけどねぇ、ぼくからしたらこんなの失格ですよ、小泉さんの画がなくて声だけ聞いたら滑舌は悪いし、どうしようもないじゃないですか」と言った。雰囲気を壊す過激発言に、まわりが「まあまあ」と止めていた。

 私は「オズラ、よく言った!」と思った。


 ここで私が反小泉なら、そのことでオズラを誉めたみたいになるが、そうではない。私はむかしもいまも小泉さん好きである。そういう私から見ても、声優小泉の出来は悪かったのである。オズラが指摘したようにもごもごして聞き辛かった。


 そのひとを好きであろうと嫌いであろうと、それとは別に判断しなければならない。小泉さんに声優としての才覚があるかどうかはともかく、今回の吹きこみは決して誉められた出来ではなかった。


 出演に躊躇し、息子からの「政治に関係ないからいいんじゃないの」という意見を受けて受諾した小泉さんは、台本を読んできてくれという依頼に、「読まずに一発勝負のほうがうまく行く」と読まなかったらしい。出来には決して満足はしていないようで、「やっぱりちゃんと台本を読んで練習してくればよかった」と反省を口にしていた。上記の毎日の記事だと満足しているようだが、彼の生の声はそう反省していた。


 ここのところ朝のワイドショーは見ていない。鳩山女房の特集だったりするから見る気になれない。朝6時前後のみのもんたは時計がわりに点けることがあるのだが、8時からのワイドショーはまったく見ていない。今朝これを見たのはまったくの偶然だった。

 新聞記事だけ見ていたら、小泉さんが自信満々だったように解釈し、後にDVDを見て、ひどい出来だと不快になったろう。反省している生声を聞けたから、見てよかった、になる。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!