記事一覧

キム・ヨナ讃歌1-最高の演技

 フランス大会のキム・ヨナはすばらしかった。年に数回、スポーツや演芸等を観て、思わずテレビの前で拍手をしてしまうことがあるのだが、今回のキム・ヨナは文句なしのそれだった。ショートプログラムの007演技が終ったとき素直に拍手していた。さらには翌日のフリーも文句なし。2位以下に大差をつけるぶっちぎり勝ちとなった。



キム・ヨナは18日未明(日本時間)、フランス・パリのベルシー多目的総合体育館で行われた女子シングルのフリーで133.95点をマーク、前日のSP(76.08点)と合わせて合計210.03点で1位になった。




  2位の浅田真央(日本)とはなんと36.04点差の完璧な勝利だった。3月の世界選手権に続き2大会連続で歴代女子シングル最高点を相次いでマークし、「キム・ヨナ独走時代」を開いた




  日本メディアは同じ年齢のキム・ヨナと浅田真央を‘宿命のライバル’と描写してきた。しかし今大会での両選手の点差は36.04点。普通、小数点の差でも勝負が分かれるフィギュアで、30点台もの点差はシニアとジュニアの差と同じだ。




という浅田真央を否定するすんごい絶讃記事だが、これは「韓国中央日報」から(笑)。いやでもべつに偏向報道じゃないよね。事実だ。とんでもない実力差だった。検索して最初のものをクリックしたら中央日報だったというだけ。


Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!