記事一覧

R-1ぐらんぷり2010──あべこうじ優勝

 ピン芸人日本一戦「R-1ぐらんぷり2010」の決勝戦が23日、東京・台場のフジテレビで行われ、06年準Vで昨年5位のあべこうじ(34)が初の栄冠に輝き、賞金500万円を獲得した。


1回目の得点上位3人によって争われるファイナルステージには、07、08年の覇者・なだぎ武=1回目661点=、昨年5位のあべこうじ(34)=同658点=、昨年準優勝のエハラマサヒロ(27)=同655点=が進出し、あべが見事に優勝を飾った。

今回のR-1は大会史上最多の3539人が出場。バカリズム(34)、いとうあさこ(39)、G(グラップラー)たかし(31)、麒麟の川島明(31)、我人祥太(26)、ザ・プラン9のなだぎ武、エハラマサヒロ、あべこうじの8名に、21日の敗者復活戦で勝ち上がったCOWCOW山田與志(35)を加えた9名によって争われた。

「R-1」決勝戦は23日午後7時からフジテレビ系で完全生中継され、司会はお笑いコンビ、雨上がり決死隊とタレント、優香(29)で、審査員は高田純次(63)、板尾創路(46)、伊東四朗(72)ら7人が務めた。(sanspoより)


------------------------------


 去年の優勝は断然バカリズムだった。あれは決勝のシステムがおかしい。その点ことしは改良された。

 ということから本命にしていたバカリズムがいきなりのおおスベリ。いわば3連単の1着固定にしていた馬が大出遅れのようなもの。まずこれで的中はない。あとは押さえの3連複の軸にしているのでなんとか3着までに届いてくれ(ぎりぎりの決勝進出)、せめて元取りを、と願うが、あのネタでは無理。早々と消える。ということで序盤から楽しみのない番組となった。



 Cowcowの山田はよくネタを練ってきて、流れも良く、もう素材を作るだけでたいへんだったろうなと感心するぐらいの出来だった。藝人はこんなことで感心されてもしょうがないし、敗者復活で見たネタだったけど。

 チイタケオもアトウカイもおもしろかったけど、爆発的な笑いには繋がらない。これっておおきいことだ。たとえば、「もう中学生」が、色を塗り忘れた段ボール素材だったり、それが本番中にひっくり返ったりする失敗を繰り返し、そもそもネタ自体がちっともおもしろくないのに、「でもなんだかみょうにおかしい」というのは大事なことだろう。


 山田は「もうアニメーションのように」とスピードアップ=笑いのアップを図っていたが、むしろ以前の「ゴルゴネタ」のまったり感の方が笑いに繋がっていたのは皮肉。テンポを早めて画を一杯見せれば笑いも増える、のではないのがお笑いの奥深さ。





 Gたかしはおもしろかったけど、あのネタではファンが限られる(笑)。ミニ劇場向けの藝人。

 麒麟川島はTake5をBGMにシャレたネタ。決勝戦に行かせたかったが、あれではすこしネタが細いのか。

 我人祥太の暗いネタは個人的に大好きでおもしろかったけど、あんなのが優勝して朝のワイドショーに拍手で迎えられるシーンは想像しがたい(笑)。「グランプリ」なんてのとは縁のない路線。よくぞ決勝戦まで来たものだ。これ誉めコトバ。




 もう見あきてる三人が決勝に出て、「R1の笑い飯」が涙の優勝。「むかしの天皇賞は勝ち抜け制だったが」と、これはM1のときに笑い飯優勝を予想して書いたこと。あちらはハズレたが、こちらはもろにそんな感じの結果となった。涙のあべこうじが「これでやっと卒業できる」と言ったらしい。こちらも「やっと卒業してくれた」の感。常連あべこうじはR1のポテンシャルを保っていたが、同時にマンネリの因ともなっていた。ステイゴールドみたいなものか。


 なだぎのネタは見飽きていてつまらなかった。「レッドカーペット」や「エンタの神様」で見たことのあるネタでR1決勝戦というのはいかがなものか。それがどんなに磨きあげられたネタだったとしても、わたしとしてはつまらなかった。

 M1のときのサンドウィッチマンがまさにそれで、メジャーな番組は唯一「エンタ」しか出ていない無名だったからうまくハマったが、ネタはもう見飽きたものだった。もっとも彼らはそれをポリシーとしていて、これからも何百回でも何千回でも同じネタをやると宣言している。それはそれでいいことだ。言いたいのは、見事にワンチャンスをものにした、ということ。なだぎはもう出なくていいだろうし、出るならツータイムスチャンピオンなのだから、他では披露しないR1専用のネタを用意して欲しい。それぐらいはすべきだろう。




 日曜の夕方に「サバイバルステージ」=敗者復活戦が生中継された。おもしろかった。








 これがおもしろかったから本番への期待が高まったのだが、何事もこういう盛りあがりの課程がいちばん楽しいようだ。期待外れの本番だった。

 ここで落ちた昨年優勝の中山はおもしろくない。「優勝したのにちっとも売れへん」と嘆いているそうだが、優勝そのものが「サイレンススズカが故障して優勝した天皇賞馬」みたいなものなのだから当然だ。




 しかし「旬」というのは大切だ。あらためて思う。もしも昨年今年のシステムだったなら、バカリズムは、一回戦を「贈るほどでもないことば」で突破し、決勝戦を「地理バカ先生」で楽勝だったろう。大ブレイクしたはずだ。これからまたこれらに匹敵する新ネタを磨きあげて優勝するのはたいへんだ。タイミングは重要である。



------------------------------



【附記】──結果を知らずに見る楽しみ



 アップした午前8時28分に、入れかわりに神戸のSさんからメールが届いた。2通あって、2通目に「こっちを先に読んでください」とある。なんだろうと思って開けたら、「1通目にはR1の結果が書いてあります。まだ見ていないのでしたら」との心遣いだった。

 録画して、起床した今朝午前三時から見た。いつもなら起きてすぐにデスクトップPCに向かい、メールチェック等を行うのだが、そのときにR1の結果を知ってしまう可能性があったのでしなかった。ヴィデオを見ることを最優先した。メールチェックだけでブラウザを立ちあげなくても、いろいろなメールマガジンが届く。そういうのは芸能ニュースもフォローしている。「R1はあべこうじが涙の優勝」とある可能性は高かった。



 心遣いと言えば私もしている。私はあべこうじが好きではない。でも今までのメールのやり取りでSさんが好きなのを知っていた。彼の涙の優勝を見て真っ先に思ったのはSさんが喜んだろうということだった。だから「つまらん結果だ」のような書きかたはしなかった。って、ここでしたらおんなじか。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!