記事一覧

浅田、完璧な演技も、金妍児との差







 浅田がノーミスで完璧な演技を決めた。本人も満足、コーチも満足、すべては満点だった。それまでの最高点は長州力のリキラリアットで63点。それを一気に10点も超える73点で場内が沸く。愛国者のおじさん(=私)はもうそれだけでうるうるしてくる。


 それを受けて出て来たのが金妍児。プレッシャーをものともせず、これまたノーミスで演じきり、にっこりと頬笑む。アナは「70点は超えるでしょう」と日本贔屓の間抜けな予想。78点が出た。とんでもない数字。やはり表現力の差。スケーティングでは負けていない。しかしそっちの点でかなわない。


 浅田のよさは硬質な少女の美だ。だから色気はない。まあキムヨナに色気があるとも思わないけど、彼女の方が表情が豊かなのはたしか。これは致命的なものだろう。浅田にあの007は出来ない。回転で凌いでも点差はわずか。そっちでつけられる点差は微小。表現力で大きな差をつけられてはかなわない。


 私は前々からキムヨナが大好きなので心から拍手を送った。もしも欧米にそれ以上の選手がいたら同じように応援する。もともと日本人力士より把瑠都や白鵬、琴欧洲を応援している。身贔屓的日本人応援の感覚はない。真の強者が好きだ。さて、この5点の差はフリーでどうなるか。いやはやワンダホーだキムヨナ!



------------------------------



速報

バンクーバー冬季五輪第12日の23日(日本時間24日)、フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が行われ、昨年の世界選手権を制した金妍児(キム・ヨナ)(19)=韓国=が安定した演技で78.50点をマークし、五輪初出場で08年世界選手権覇者の浅田真央(19)=中京大=が出した73.78点を上回った。(毎日新聞)

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!