記事一覧

庄司理紗の魅力とリベルタンゴ





 報ステが庄司理紗の特集をしていた。14歳。安藤、浅田、村上に続く日本の4番目のスター候補として。選手権の順位は5位なのに4位の鈴木明子は無視されている。ブスは哀しい。鈴木は躰もちんちくりんだしなあ。


 ブスといえば私からすると安藤もそうなのだが、あの台北の大会で「性感(セクシー)美姫」と話題になったバディは魅力的だよねえ。ああいうのはどこから出るものなのだろう。安藤は17歳のころからセクシーだった。一方二十歳になっても浅田にはなにも感じない。安藤のあのナイスバディをペアの相手やコーチした選手とは必ずそうなるスケベモロゾフが裏にしたり表にしたり好き放題にしているのかと思うと……くやしいです!



 女子フィギュアと言えば愛知県の独擅場(これはどくせんじょうと読みます。どくだんじょうはまちがいです)。上位三人ともそうだ。庄司は珍しく東京。競技人口は多いが練習場がすくなく苦労しているとか。小中とも成蹊だというからお嬢様なのかな。フィギュアスケートは金がかかる。両親が裕福でないと続けられない。ごく普通の家庭で親に金銭的苦労を掛けた荒川は金メダルを取りプロになってやっと恩返しが出来た。安藤は幼くして父をなくしているが祖父母が裕福で続けられた。



 庄司は村上のかわいらしさに対して正統派美人として注目されているらしい。テーマは「キレイ」だとか。浅田は運動能力ではキム・ヨナ以上なのに表現力で敗けた。庄司は14歳なのにしっとりした表現力に富んでいる。これからが楽しみだ。



 歯列矯正をしてチェーンを着けていた。ちょっと出っ歯気味なのが惜しい。村上は鼻にかかった声がかわいいが、それが蓄膿症だと知って鼻白んだっけ。手術をして治すにせよ、あれは大手術だからなあ。



 報ステなんて金を貰ってもみたくない番組だが今日は偶然チャンネルを替えているときにいいものに出会った。でもインタビュウがへたくそな松岡修造はじゃまだった。







 てなことより書きたかったのは音楽のこと。上の黒の衣装で演技した庄司の音楽がアストル・ピアソラの「リベルタンゴ」だった。いい趣味だ。美人を売りに妖艶路線を進むならじつに似合っている。私は天才ピアソラの大ファン。ほとんどもっている。いま数えたら34枚。「ほとんど」は言い過ぎか。「おもだったものは」にしよう。

 ヴァイオリニスト川井郁子はこの曲と出会ったことで人生が変ったと言っていた。


 ということで今夜は「Libertango」をあれこれ聞き比べて楽しんだ。私の持っているのは本家のAstor Piazzollaと、Al Di Meola、それにBond(懐かしいね、いまなにしてんだろ)、The Caribbean Jazz Project、日本人では葉加瀬太郎。ちょっと異色なところでトロンボーンの向井滋春。

 Wikipediaによると「ヨーヨーマの演奏が人気」とある。ヨーヨーマはいっぱい持っているのだがリベルタンゴはない。



 それらを聞いたあと、ふとCobaはやっていないのだろうかと思った。Cobaはアコーディオンで、ピアソラはバンドネオンだが、やっていないはずがない。でもCobaのリベルタンゴを聞いた記憶がない。私のもっているCobaのCDには入っていない。検索したら{Youtube}にあった。聞き惚れる。おお、押尾コータローがギターでやっている。いろんなひとがいろんなパターンで挑んでいると知る。誰もが知っている世界的名曲であると同時に自分流の感性を盛り込める曲だから挑戦しがいがあるのだろう。






 いろいろ見て、結局いちばんいいなと思ったのは、小松亮太と葉加瀬太郎の映像。ピアソラの6重奏団に真正面から挑む姿勢が美しい。やはりこの曲はバンドネオンのリズムがあってこそと再確認した。葉加瀬もいいが小松のバンドネオンに引き込まれる。


-------------------------------



 餘談ながら、この手の文章を書くときGoogle-IMEは本当に重宝する。人名を一発で出してくれるからだ。たとえば庄司理紗でも、ATOKだといくつものショウジとリサから変換して選ばねはならない。ショウジはともかくリサは多いからたいへんだ。それにどのリサが正しいかの確認もいる。それをGoogleは一発で出す。その他の人名も同じ。連文節変換ではアホだけど有名人の頻出する文章では神になる。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!