記事一覧

テレビのない生活──2005年のヘキサゴン

今日の食事時のBGVは2005年のヘキサゴン。いまのは「Ⅱ」。最初はタイトル通りの六角形での嘘つき合戦だった。深夜番組。司会は三宅アナ。それがゴールデンに移行して司会が紳助になった。
そして視聴率低落のテコ入れで今の形に変身。Pabo、羞恥心結成から、いつしか紳助がすべてを支配する「ヘキサゴンファミリー」という形になった。

今日見たのは紳助が解答者になり、司会は久々に三宅アナが担当する特別編。
本番前の常識クイズ。

出演者の橋下弁護士が「一富士、二鷹、三はなに?」に答えられず、しかも度忘れではなく、「なすび」と正解を聞いたあとでも、「えっ、なんで、なんでなすびなの?」とつぶやいていた。現大阪府知事。
早稲田を出て若くして司法試験に合格するぐらい頭の中に特定の智識を詰め込むと、こういう部分が缺落するのだろう。結果として橋下弁護士は本番前の常識テストで1位だっただけに、やたらこのことが印象に残った。

バカで呆れたのは飯星景子。当時も呆れたはずだが今回見てまた呆れた。「島根県の県庁所在地は」に「鳥取」と答えていた。同じくこの手の問題に小池栄子も答えられなかったのだが彼女はもうこの時点で勉強はダメ、人間的に賢いが確立されていたから許されるキャラ。
飯星は統一教会に入信し、父飯干晃一の懸命の努力による奪還で話題になった。その後も父のコネと美人キャラ(とも思わんが)で、中身のない小説を出したりしていた。それらを読んであまりのつまらなさに首をかしげていたが、基本的に無能なのだとあらためて確認した。いまもたまにワイドショーのコメンテータとして見るが、あれを見るたび、バカでもできる仕事だなと思う。






そのあとの回ではお笑いの麒麟が出ていた。紳助から「テレビを見ているひとはまだおまえら知らんで」とからかわれる。全国的にはまだ無名の新人。私はM1 ファンだったので当時から知っていたが。
このころから田村の貧乏育ちは話題になっている。まさかこのあとそれをネタにした「ホームレス中学生」が史上空前のベストセラーになるとは。



その翌週の「行列」には眞鍋かをりが出演。後に麒麟の川島とつきあうんだなと嫉妬(笑)。このへん、1枚のDVDに4番組ぐらい入っているので続けて見てます。

ちなみに私はなんという番組だったか、眞鍋のほうから川島に「大好きなんです。耳元でキリンですと囁いて欲しい」と言って迫った、つきあい始めるきっかけになる番組を偶然見ている。おれってほんとにテレビ嫌いなのか(笑)。7月24日以降、テレビのない生活をしているのはたしかだけれど。

---------------

いま8月1日の早朝。インターネットで昨日7月31日の「たかじんのそこまで言って委員会」を見ている。東京にはネットされていず、もし地デジをもっていても見られない好きな番組をネットで見ることが出来る。ありがたい時代だ。
私の見たいテレビ番組はほんの限られたいくつかで、それがみなネットで見られるのだから、これではほんとにテレビがいらない。 

問題はこの「たかじん」のように視聴がすこし遅れることだが、それはもうまったく気にならない。一週間遅れでも平気なのに数時間遅れで見られるのだから大バンザイ。
 
私にとってのテレビの問題は、大相撲と競馬中継だけだが、大相撲はネットで見られるし、北の富士や舞の海の解説が聞きたければ、映像を見ながらNHKラジオを聞けばいいから、問題は競馬だけか。
これは許容量の問題からネットでの「同時中継」はまだできない。地方競馬のようにリアルタイムでみられると最高なのだが。
最速のJRA-Viewer で見られるのがレース後3分ぐらい。やはりこれは同時に見たい。いまのところ未解決の問題はこれだけになる。

---------------

けっきょくテレビがないといられないというひとは、私の田舎の老父母などその典型だったが、「起きたらまずテレビをつける」から生活が始まり、「テレビを消して寝る」というのが一日の終りという生活習慣のひとびとなのだろう。 これは言っちゃなんだが、ひととして、かなりレベルの低い生活だ。その習慣をやめるだけで一日がどれほど充実することか。
私はもうずっと前にそれからは脱していたから(そんな時代がなかったとは言わない)今回のテレビとの縁切りは楽だった。

じつのところ、どうせたまには見たくなり、そのうち買うのだろうと思っていたが、このままだと買わないまま突っ走ってしまいそうだ。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!