記事一覧

テレビのない生活──去年のロンハー、上原美優から岡田有希子──映画「ディパーテッド」

昨日の食事時は去年の「ロンハー」を見た。とりあえずみなHDDレコーダに録画し、その中から好きな回だけDVDに焼いてある。
ひとつ発見があった。6月のものには上下の黒枠がない。ふつうのテレビ。とても見やすい。

7月分から上下に黒枠が入り、画面が狭くなる。上部右に「アナログ」と表示され、下部に時折アナログ放送終了のお知らせが流れる。見にくいあれは一年前から始まったことが確認できた。7月24日の丸一年前ではなく、7月1日から始まったようだ。



6月の回の「格付け」に上原美優が出ていた。彼女はこの回で毒舌悪役キャラを試み、それを淳に見ぬかれてからかわれ、まだ試運転なので見事に失敗している。このことからも彼女の仕事での悩みが見てとれる。キャラの確立に惑っていたようだ。

自殺したのは今年の5月。訃報を聞いた時、大家族の中でたくましい育ちをしていると思っていたので意外に感じた。痛々しかったが、中学生のころから自殺を試みていると知って、しょうがないと思う。
一度自殺願望に取りこまれた人はそこから脱出できない。それは名のある作家から一般人まで同じだ。今回の彼女の自殺は恋人の気を引くための擬似が本物になってしまったのではないかとの推測もあるが、ともかく今までわかっているだけで二度の自殺を試みていたのはたしか。しょうがない。

e


自殺といえば、舟木一夫は何度か試みているのに、よく自殺願望から脱出したと思う。
「E気持」の沖田浩之なんて祖父、父、兄と代々自殺している。あれじゃ悩んだ時するに決まっている。迷いもなかったろう。1999年。
名台詞として話題になった「涅槃で待つ」の沖雅也がいた。1983年。

岡田有希子が自殺したのは1986年。岡田はタイでも人気があったらしく、このころチェンマイで親しくなったタイの娘の部屋にゆくと、壁いっぱいに大きな岡田のポスターが貼ってあり、それがじっとこちらを見つめるアングルなものだから、なんとも落ち着かなかった。
Wikipediaで調べたら、南野陽子や本田美奈子と同期なんだな。

死者に対するいちばんの供養は、こちら側で、どんな形であろうと思いだしてやることなのだとか。
Wikipediaで死亡年を調べてこうして書いたから、ほんのすこしは供養になったか。



google

まいど同じ事を書くが──これからもまた何度も書くだろうけど──この種の文を書く時、Google-IMEは人名をみな一発で変換してくれるのでほんとに楽。これをATOKでやるとしたら岡田有希子の「ゆきこ」の漢字調べから始めねばならない。舟木一夫の「かずお」だって正解にたどり着くまで何種類出てくることか。それ以外はおバカIMEで使いものにならないのだが、これだけは認める。興味のある方はぜひ使ってみてください。もちろん無料です。すくなくともMS-IMEよりはまし(笑)。
http://www.google.com/intl/ja/ime/




つづいて7月の分は、「女子アナに聞いた芸人人気ランキング」。
今と比べて興味深いのは、有吉やザキヤマのおもしろさはもう今と変らないのだが、まだ人気が低いこと。順位は下位だ。
有吉は毒舌の捩れた根性、ザキヤマはただうるさいだけ、と評されている。

ちょうど昨日「ロンハー特番」があって、同じような企劃でふたりとも上位だった。いまはもうふたりとも絶賛状態である。(と書くと、「テレビのない生活」なのになんで知っているんだと言われそうだが、出先で携帯電話のワンセグを覗いたら、ちょうどそこだったので。)

同じく、いまでは「抱かれたい芸人」でも票が入るようになったブラマヨ吉田だが、このころはまだまだ不人気。いい味を出していた。同時間に冠番組を持ち、これに出られなくなったのは残念。



以上、深夜の話。昨夜は晩酌ならぬ深夜酌になってしまった。

departed

そのまえの昼の話。ひといきついた時、マット・デイモンとディカプリオの「ディパーテッド」を見た。何百枚とある「見ていない映画DVD」の一枚だ。これを見たあと、同じく所有しているオリジナルとなった香港映画「インファナル・アフェア」も見て、中身を比べてホームページに書くつもりだった。

なのに「ディパーテッド」を1時間も見ないうちに眠くなってきた。比べるどころの話ではない。寝てしまった。
映画が睡眠薬になっている。まずい。

Comments

No title

上原美優さんは本当は1983年生まれで実年齢28歳だったんですよ。(同じアイドルタレントでも元みるくの一人は公称19歳で死亡したが本当は22歳だった。実話。)

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!