記事一覧

紳助引退宣言──2005年のヘキサゴン

一昨日、独酌のとき、2005年のDVDを見ていた。「ヘキサゴン」だった。
還暦以上特集とかで、ヘキサゴン(六角形)にすわったメンバーは、デヴィ夫人、五月みどり、加藤茶、坂田利夫、板東英二、江守徹、だった。
この齢にして、信じがたい常識の缺落にあきれたが、それがまあ藝人というもので、一藝に秀でていれば缺落もあって当然と考える私は、さほど気にしなかったけど、割合思想的にはデヴィ夫人には通じるものもあるだけに(北朝鮮好きはいただけないが)些少の落胆もした。



そうしていつものよう21時にはて午前2時に起きた。
スリープ状態のパソコンを起こすと「紳助記者会見」一色だった。何事かと思う。何も知らないから、「大阪府知事選出馬」とか、そんなことを言っているひとに、「そうかも」と思ったりした。ヤクザとの絡みからの引退発言だった。



彼が慕っていた上岡龍太郎の「パペポTV」も、ここのところ見ていたので、その関連からもあれこれ思うところが多かった。
紳助本人も自覚し、親友さんまも認めたという「てっぺんに立った半年」に関してはまた私なりに書きたいと思う。たしかに彼は頂点を極めた。

---------------

今日8月24日は、朝から晩まで紳助一色だった。

夜、独酌のBGVに2005年のバラエティを流した。
「笑いの金メダル」だった。
カンニングの中島が出ていた。
正しくはもうこのときは闘病中でスタジオ来ていない。でもVTRで頻繁に顔を出している。
「一日も早く復帰したいと思っています」とテロップが流れる。
白血病による早世だった。
やがて「カンニング竹山のカンニングってなんだ?」という時代になるのだろう。
いやもう6年経っている。なっているのか。



昼、紳助引退のコメンテーターとして出た東国原が、27歳のアナの言った「紳助竜介って名前だけ聞いたことあります」と言ったのに対し、「きみ、ツーツーレロレロって知ってる?」と突っ込んでいた。もちろん知らない。

テレビと縁を切っているのに、竹脇さんの死、紳助引退と大事件が連続し、ちいさなワンセグ画面を見る日が続いた。
それじゃ縁を切ってないじゃないかと笑われそうだけど、いやいや、いくらなんでもこんな大事件はそうは続かないでしょう。

私はテレビを全否定しているのではない。
見たいと思う好きなバラエティで言うなら、「たかじん」「TVタックル」「アメトーク」「ロンハー」があるが、それはべつに一週間遅れ、一ヶ月遅れでも問題はない。
今回は「竹脇さんの死」と「紳助引退宣言」を、テレビがどう伝えるか「見ておきたい」と思っただけで、こんなことはめったにないだろう。そう思っている。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

moneslife3

Author:moneslife3
FC2ブログへようこそ!